日田温泉 亀山亭ホテルのブログ

大分県日田市のホテル、亀山亭ではおいしい料理、絶景、良質な温泉でおもてなしいたします。この公式ブログでは日田市の各種イベント情報はもちろん、観光スポットに至るまで様々な情報を更新中!大分観光にお役立てください。

2007年02月

日田高等学校女学校校歌

日田高等学校女学校校歌

校閲 八波則吉
作曲 横田三郎
編曲 阿南亮子


清き三隈(みくま)の川水(かわみず)に
己(おの)が真心(まごころ)たぐえつつ
宜園(ぎえん)の花の香をとめて
文(ふみ)の林(はやし)に分(わ)け入(い)らん


晴れゆく霧にほのぼのと
校舎(こうしゃ)の甍(いらか)見(み)えそめて
窓にかがよう朝日かげ
希望(のぞみ)の色ににおうかな


門(かど)の柳(やなぎ)のいと長く
風の間(ま)に間(ま)にたぐえつつ
根(ね)ざし揺(ゆる)がぬ心もて
皇国(みくに)のために尽(つき)さまし

日田中学校校歌

日田中学校校歌

作詞 坂倉道義先生他
作曲 不詳
作曲 後藤哲哉


世のちり払(はら)う松風(まつかぜ)の
ここおおはらの森蔭(もりかげ)に
かざす金烏(きんう)の自治(じち)の旗(はた)
堪忍不抜(かんにんふばつ)の盾(たて)にぎり
質実剛毅(しつじつごうき)の矛(ほこ)とりて
まなべ諸共(もろとも)我(わ)が健児(けんじ)


そのかみ遠き天皇(すめらぎ)の
御幸(みゆき)しましし日高国(ひだかくに)
いさおも高き先哲(せんてつ)の
おしえは残る咸宜園(かんぎえん)
栄(は)えある歴史飾(かざ)りなん
ふるえ諸共我が健児


緑(みどり)かわらぬ日(ひ)の隈(くま)の
かわらぬ色を操(みさお)にて
流(ながれ)絶(た)えぬ三隈川(みくまがわ)
絶(た)えぬ流れの一すじに
国に尽(つ)くさん誠心(まごころ)を
立てよ諸共我が健児

王将戦(主催・スポーツニッポン新聞社・毎日新聞社)5

20a14935.jpg

王将戦(主催・スポーツニッポン新聞社・毎日新聞社)

第56期王将戦第4局(平成19年2月7、8日)

挑戦者 佐藤康光棋聖戦が、当館にて行われました。

羽生名人と日田温泉 亀山亭ホテル 知代美おかみ
記事検索